子育て

夜間断乳に失敗!?効果はいかに?やり方や結果などレポートします。

Sponsored Link

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

育児中の皆さま夜はぐっすり眠れていますか?わたしはまだまだ新米の母ですが、月齢が低い頃の育児において一番大変なことは睡眠時間の短さだと思っています。

睡眠不足はささいなことでもイライラするし、すぐ体調不良になるし、なんといっても一日中眠くて頭が働かないなんてことも。わたしも何か月か子育てをし、いつまで続くか分からない娘の夜泣きと、毎日繰り返される睡眠不足に悩まされ、つくづく睡眠の大事さを痛感しました。

分かっているけど、子供が起きるときはどうしたらいいの!

今回はそんな悩みを解決すべく夜間断乳をしてみることにしました。同じ悩みをもつ方や、夜間断乳を始めようか考えている方に、少しでも参考になればと思います。

Sponsored Link

夜間断乳とは?

この記事を読んでくれている方は夜間断乳についてはご存知かと思いますが、念のため。夜間断乳とはその名の通り夜間の授乳をやめることです。一般的には夜間断乳をすることで、赤ちゃんが通して眠るようになってくれることが多いと言われています。

夜間断乳のタイミングは?

離乳食が順調に進んでおり、夜間の授乳が栄養的に必要なくなってくる7-9ヶ月頃にやる方が多いようです。早すぎると栄養が足りず、NG。逆に遅すぎても赤ちゃんが「どうしておっぱいをくれないの!?」というのが、分かってしまい成功しづらいようです。

成功までにどのくらいかかるの?

こればっかりは、赤ちゃんによります。が、よく言われているのはしんどいのは3日。一週間〜10日で徐々に長く眠る日が増えてくる。

もちろん急に夜間断乳をしようと思っても上手くいくわけではなく、何日間かかけて赤ちゃんを慣らしてあげなければなりません。また、いつもの授乳がないことに泣き喚いてなかなか寝付かない数日を覚悟しなければならないようです。そのため、夜間断乳をする際には夫婦で取り組むのがベストだと思います。

夫婦ともに休める日の前日の開始をおススメします!

夜間断乳前の我が家の状況

我が家の娘は生後8ヶ月になっても夜に3-4回泣いて起きる毎日を過ごしていました。また、完全母乳で育てており、昼間は3時間に一回程度、夜は起きる度に授乳という毎日でした。この頃の娘の睡眠状態は以下のような感じでした。

f:id:zubolife-blog:20180905215801j:image

これは、育児の記録をつけられるアプリなのですが、娘が寝ている時間が青くなっています。たまに長めに寝てくれる日はあるものの、基本的には寝付いてから起きるまでに3-4回起きる毎日でした。授乳したあと、すぐ寝てくれればいいのですがたまに1-2時間覚醒することもありました。

わたしの仕事復帰が迫っていたこともあり、夜どうしても寝るようになって欲しかったため、夫と相談し、ゴールデンウィークのタイミングで夜間断乳を決行することにしました。

夜間断乳前に行っていたネントレについてはこちら。

Sponsored Link

夜間断乳をするにあたっての決意

一度夜間断乳をやりはじめたらどんなに泣いても授乳はしないということを決めました。これは、最初もらえなかったのに、急に授乳すると赤ちゃんも混乱してますます夜寝なくなってしまうことがあるんだそうです。数日続けてみて、あまりにも効果が見られないようならその時に再考するということとしました。

夜間断乳1日目

早速ですが、1日目のレポートに参りましょう。なかなか辛い夜でした。。。

1日目

20:40 就寝

22:20-23:30 泣→抱っこ

23:30-24:20 覚醒→抱っこ

1:40-2:15 泣→抱っこ

3:20-4:00 泣→抱っこ

7:00 起床

やはりいつもの授乳がないことで、娘は泣き止まず、ひたすら抱っこの辛い夜を過ごすことになりました。さっきはわたしが抱っこしたから次は夫という流れを暗黙の了解とし、交互に抱っこと寝かしつけを繰り返しました。

おかげで、夫婦の結束感みたいなものを感じることができました。唯一長く寝たのが朝方3時間ほど。次の日がお休みで本当に良かったです。

夜間断乳2日目&3日目

2日目と3日目はほとんど同じスケジュールでしたので、まとめさせていただきます。

20:45 就寝

21:20-21:25 泣→トントン

21:55-22:05 泣→トントン

22:40-22:55 泣→トントン

0:05-0:15 泣→トントン

3:50-4:15 泣→抱っこ

4:40-4:50 泣→トントン

5:30-5:40 泣→トントン

7:00 起床

え?始める前より起きる回数増えてない?

1日目に比べて起きている時間は短くなったものの起きる回数は減るどころかむしろ増えている!ただ1日目は抱っこでしか寝付かなかったものの、トントンで寝るようになってくれました。先にも述べましたが、夜間断乳でしんどいのは3日と言われています。明日からは何かしらの改善がみられるのではという希望を胸に、夜間断乳を続けることを決意しました。

夜間断乳4日目

20:10 就寝

21:20-21:25 泣→トントン

22:25 泣→即寝

1:15 泣→即寝

4:10-4:20 泣→トントン

6:25 起床

ん?即寝…?

お分かりでしょうか。2日目、3日目より起きる回数、起きている時間ともに明らかに改善されています。即寝というのはその名の通り、体を起こして泣いて起きるのですが、横に戻してあげることで即寝るようになりました。これはもしや、朝まで寝る日も近いのでは…!?とモチベーションがあがる日でした。

夜間断乳5日目~7日目

20:10 就寝

20:55 泣→即寝

22:15 泣→即寝

1:35 泣→即寝

4:50-5:05 泣→トントン

6:30 起床

あれれ?なんか4日目と状況変わってなくない?

5日目以降は何らかの変化がみられるのではないかと、期待していたのですが残念ながら開始から1週間が経過してもほぼ4日目と同じような感じでした。

そのまま夜間断乳を続けたものの…。

夜間断乳はその後も続行し、10日が経過し、2週間が経過し、1か月が経過しましたが、朝まで寝ることはありませんでした。

▽夜間断乳後の娘の睡眠サイクル

f:id:zubolife-blog:20180905230640j:image

夜間の覚醒はなくなり、起きても横に戻してあげるだけで即寝るようになったこと。

夜間の断乳はできたこと。

上記の2つに関しては、夜間断乳をしてよかったことだと思っています。ただ当初の目的は朝まで寝たい!だったので、成功か失敗かで言えば失敗なのかもしれません。

夜間断乳でしたこと&効果は?

夜間断乳を始めるにあたって、我が家で用意したもの、実践したことをお伝えします。夜間断乳について調べた際に、これはやった方がよい!とかかれていたことを実践しました。

1.寝る前の授乳で「明日までおっぱいとバイバイだよ~」と言い聞かせる。

生後8ヶ月になる娘は少しずつ言葉を理解し始めていることもあり、夜寝る際の授乳時に言い聞かせていました。正直なところ、効果のほどは不明です。

2.代わりの水やお茶を用意する

のどが渇いて起きている可能性があること、飲むことで赤ちゃんの気分が落ち着くことがあると聞き、スパウトにお水を入れて枕元に置いておきました。これは逆効果でした。水を差しだすも、おっぱいじゃない!!!と、さらに泣くようになってしまいました。

3.朝は明るくしてから授乳

夜間断乳の終わりをはっきりさせるため、朝一番の授乳は部屋を明るくしてからすることにしました。朝の授乳が暗いと、娘にとっても夜間断乳がいつまでなのかがわからなくなりそうだったためです。

4.夫の協力をあおぐ

お母さんのみが夜間断乳に挑戦すると、おっぱいがあるのにくれない!と赤ちゃんが泣き止まないことがあるそうです。我が家の場合は、わたしの抱っこでも寝付いてくれました。あとは単純に一人だと心が折れる&辛いのを防ぐために、できれば夫の協力はあった方がよいと思います。

夜間断乳のその後どうなった?

実は生後9か月頃から娘が朝までぐっすり眠るようになってくれました。個人的には夜間断乳をしていたからこそ、成功したのではと思っています。その方法はこちらに詳しくまとめていますので、よかったらどうぞ。

夜間断乳レポまとめ

夜間断乳について調べたときは、成功体験が多く、我が家の場合も成功するのではないかと期待していました。予想外の結果となりましたが、する前に比べて改善したので、結果としては夜間断乳をやってよかったと思っています。赤ちゃんによって状況は違うと思いますが、我が家の場合も特にしんどかったのは最初の3日間!

この記事が育児中の夜眠れない方の参考になれば嬉しいです。

それでは今回はこのへんで。

Sponsored Link