子育て

離乳食前の赤ちゃんのオムツ専用のゴミ箱事って必要?臭いや口コミ対策まとめ。

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

もうすぐ赤ちゃんが生まれる妊娠中の皆さま、用意しなければいけない物の1つにオムツを入れるゴミ箱がありますね。オムツが臭わないオムツ専用のゴミ箱なども出ていますが、それって本当に必要なんでしょうか。

離乳食が始まるとまた、臭いが強力になるため、改めてオムツのゴミ箱について考えなければなりません。しかし、離乳食が始まる前であればおむつ専用のごみ箱を買う必要はないかもしれませんよ。

本記事では、5カ月間我が家で行なっているオムツのニオイ対策をご紹介します。

 

Sponsored Link

そもそもオムツ用ゴミ箱って?

オムツ用のゴミ箱として売りに出されているものは、袋が二重になっていたり蓋の密閉性が高かったりと外に臭いが漏れづらい構造になっています。オムツ用のゴミ箱は大きく分けて二つあります。

  1. 専用のカートリッジを使うもの
  2. 市販のゴミ袋を利用できるもの

まず、専用のカートリッジを使うものはカートリッジ内の専用の袋を消費するタイプになります。ゴミ箱本体の価格はそこまでかかりませんが、カートリッジが無くなった場合に購入しなければならないので、ランニングコストが結構かかります。

例えばこちら。ワンタッチで開けられるので、赤ちゃんを抱っこしたままでもオムツが処理できます。

市販のゴミ袋を利用できるものは、30Lや45Lといった家庭用ゴミ袋を利用できるので、経済的ですが、ゴミ箱本体の値段が結構高いことが多いです。例えばこんな感じでインテリアにもなじむおしゃれなゴミ箱などがあります。 

ただ、開けた時に結局臭うんじゃないの…?とか、本当にニオイがもれないかなどが気になって我が家では購入に踏み切れませんでした。

オムツ用のゴミ箱を買うのはやめました

悩んだ結果、我が家では一旦オムツ用のゴミ箱を買うのをやめました。購入したものは以下の2つです。

  • ニトリの蓋つきゴミ箱に家庭用のゴミ袋をセット(ワンタッチで蓋が開くタイプ)
ダストボックス 20L (エバンミッペイプッシュペール20L)

出典元:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/KitchenGoodsTableware/JudgmentDustBox/8450577s?ptr=item

  • 小分けのビニール袋

はい、これだけです。実はおしっこのオムツは正直ほとんど臭いません。なので、おしっこの時はオムツを3つ〜4つまとめてビニール袋に入れてゴミ箱にポイ。うんちの時は、1つずつビニール袋に入れてゴミ箱にポイ。これでほとんど臭いません。

ゴミを捨てるときに、少し臭うかな?という感じはありますが、息を止めてさっと縛ってしまえば全く気になりません。プラスチックのゴミ箱の場合、臭いがうつりやすいとも言われていますが、低価格のゴミ箱を購入しているので買い替えも検討できます。

Sponsored Link

今後のオムツのゴミ箱のニオイ対策は?

とは言っても、離乳食が始まってからのニオイ対策については考えなければなりません。我が家で検討中のニオイ対策を紹介します。

コーヒーフィルターを一緒に捨てる

コーヒーやお茶には消臭作用があるので、オムツ用のゴミ箱に一緒にコーヒーフィルターを捨てます。我が家では毎日コーヒーを飲むので、捨てるゴミ箱を変えるだけのとても簡単なニオイ対策です。

コーヒーを飲む習慣がある方は、お手軽でお金のかからないオススメの方法なので是非試してみてはいかがでしょうか。

チラシや新聞紙にくるんで捨てる

我が家は新聞をとっていないのですが、ポストに入っているチラシを取っておいて、オムツにくるんで捨てるだけで大分効果があるようです。こちらも簡単にできるニオイ対策の1つです。

うんちをトイレに流す

先ほども言いましたが、おしっこのオムツはほとんど臭いません。なので臭いの元となるうんちをトイレに流します。柔らかいうんちは流しづらいんじゃ…と思いますよね。実はこんな便利なものがあるんです。

消臭袋を使う

オムツの消臭袋としてとても有名なのがこちら。BOSの消臭袋です。

オムツ用のゴミ箱を買うなら?

今のところ1番臭いが気になるのは、普段使っていないときより、ゴミとしてまとめて捨てるときです。なので、おむつ用のゴミ箱の購入を検討している場合は、ゴミを捨てる際にも臭わないタイプをおすすめします。例えばこちら。

専用カセットが不要で、オムツを捨てるときも臭わない構造になっています。しかも安いです。

オムツ用のごみ箱の臭い対策まとめ

いかがだったでしょうか。オムツのゴミ箱は、検討しなければいけないことの一つですよね。ただ、試すわけにもいかずなかなか選ぶのが難しいです。

そのため、最初はオムツ用のゴミ箱を買うよりも、ビニール袋で捨てるところから始めて、その後徐々にニオイ対策をしていくことをおすすめします。

我が家も離乳食が始まってから再度ニオイ対策については追記していきたいと思います。

※2018/10/22追記離乳食が始まりました!おススメ便利グッズをまとめています。

https://www.zubora-tsuma.com/entry/rinyushoku-shok

 

それでは今回はこのへんで。

これを読んでおけば間違いなし!