妊娠・出産

最低限を厳選!新生児に必要なもの・いらなかったものリスト

新生児 必要なもの

新生児期の赤ちゃんに必要なもののリストをまとめました。

出産後、赤ちゃん用品て何を買えばいいか困りますよね。

・ベビーベッドって必要なの?

・絶対に買っておかなきゃいけないものって何?

なんて悩みを抱えているあなたに、今回はわたしの体験をもとに産後すぐに新生児に本当に必要なもの、そうでないものを徹底的にお伝えしていきます。

退院後に家で必要なもののリストとなっています。

合わせてわたしが実際に使用しているものをのせましたので、参考にして頂ければと思います。下記のように必要度合いに応じてランクをつけましたので見てみてください。

  • 絶対必要なもの    ★★★
  • あると便利なもの   ★★
  • 人によってはいるもの ★
  • いらないもの     ×

妊婦さんであれば絶対に登録をおすすめするのがAmazonベビーレジストリです。

無料で登録が可能で、ベビーグッズが最大10%OFFでゲットできてしまいますよ。

\出産準備リストも簡単に作れる/Amazonベビーレジストリを見てみる

Amazonべビーレジストリ
Amazonベビーレジストリの特典で10%OFF!出産準備お試しBoxももらえるよ。日本に上陸したばかりのAmazonベビーレジストリについてまとめています。 上手く使うと、ベビー用品を10%OFFで買うことができたり、出産準備お試しBOXが無料でもらえる特典がついているのでAmazonベビーレジストリは妊娠中の方や月齢の小さい子供がいる方は登録必須です。...

新生児に必要なもの~赤ちゃんの洋服~

新生児に必要な赤ちゃんの洋服関係はこんな感じです。

順番に詳しく説明していきますね。

肌着3-4枚★★★

短肌着、長肌着、コンビ肌着などありますが洗い替えや、汚れてしまった時などに最低でも3-4枚は用意したいところです。

5枚セットになっているものがおすすめです。

ロンパースやカバーオールなど★★★

肌着の上に着る洋服です。夏生まれの子は、短肌着+長肌着で十分です。

出産の時期に合わせて、枚数を決めましょう。

おくるみ★★

大判のタオルでも代用できますが、赤ちゃんをつつみやすい形であったり、赤ちゃんが口に入れても安心の素材になっているのであると便利です。

エイデンアンドアネイのおくるみは柄もかわいくて出産祝いにも適しています。

よだれかけ(スタイ)★

新生児期によだれが出ることは少ないですが、まれによだれが多く出る赤ちゃんもいます。

お祝いで頂くことも多いので様子を見て買い足すことをおすすめします。

セレモニードレス★

こちらは親の自己満ですね。退院時やお宮参りなどに使います。着せると可愛いです。デレデレです。デレデレしたい場合には買いましょう。

帽子★

新生児期に外に出る機会は少ないと思いますが、どうしても出なければならない時、夏の日差しを遮るためや冬の寒い時期に使います。

靴下×

ぬげます。まだ新生児は横になっていることしかできないので、ほとんど使う機会はありません。

みとん×

爪で顔に傷をつけないために、着けますがこちらもとれます。爪をこまめに手入れしてあげるか、袖の長い洋服を着ることをおすすめします。

新生児に必要なもの~母乳・ミルク用品~

赤ちゃんにとっての食事になる授乳やミルク用品です。

ミルク育児の方

哺乳瓶★★★

必須です。毎回消毒しないで済むように3本程度購入することをおすすめします。

何も知らずに一本のみ購入していたズボラ妻は退院日に慌てて、マメ夫に買いに行ってもらいました。

わたしはピジョンの母乳実感を使用しています。

口が広くて洗いやすく、搾乳した母乳をいれやすいことがポイントです。

乳首★★★

こちらも哺乳瓶同様3つ程度は用意しておきましょう。

新生児期はSSサイズを使用します。また、乳首は消耗品ですので1ヶ月程度を目安に交換するのですが、新生児期が終わるとサイズが変わるので買いすぎには注意が必要です。

乳首も同じくピジョンの母乳実感を使用しています。乳頭混乱を起こしにくい形になっています。

哺乳瓶消毒器★★★

煮沸タイプ、電子レンジタイプなどありますが、我が家は消毒が楽なコンビの電子レンジタイプを使用しています。

水をいれて5分電子レンジにかけるだけなので、とても早く消毒が可能です。

粉ミルク★★★

キューブタイプや粉タイプがありますので、用途に合わせましょう。

母乳との混合でたまにしかミルクを飲まない場合などは、保存の効くキューブタイプをおすすめします。

我が家は明治のほほえみを使用しています。蓋がすり切りも兼ねていて計量しやすいです。

哺乳瓶ブラシ★★

普通のスポンジだと、哺乳瓶や乳首の中まで綺麗に洗えているか不安なのですが、乳首用のブラシで洗うと水がぴゅーっと飛び出し、しっかり洗えている実感があります。

哺乳瓶用洗剤★★

万が一洗い残しがあり、赤ちゃんの口に入っても安全な素材でできています。

野菜を洗う際にも使ったりできます。

赤ちゃんの純水★★

ミルクをつくる時間がかなり短縮できました。

ミルクは70度以上のお湯でつくらなければなりません。それを冷ましている間に赤ちゃんがえび反りでギャン泣きということもしばしば。

お湯で溶かして、半分ほどこちらの水をいれるとあっという間にミルクをつくることができます。

純水ではなくても軟水であれば赤ちゃんに飲ませて問題ありません。災害時にも赤ちゃん用の水があれば安心です。

調乳ポッド×

お湯を70度のまま保温しておくことができます。上記の純水があれば、必要ありませんでした。純水と合わせて使用するとより早くミルクをつくることができます。

母乳育児の方

母乳パッド★★★

母乳は垂れます。気づくと服に円形のシミができます。絶対必要です。

購入しておきましょう。

授乳クッション★★

授乳は思った以上に腰に負担がかかります。クッションを使用するだけで大分楽になりますので、あると便利です。わたしはこちらのクッションを使用しています。

柄がとても可愛いので是非皆さまお揃いにしましょう。

搾乳機★

差し乳の場合は、なかなか量が取れないなど、人によって必要性が変わります。

他の人に預けることがある場合など、自分の状態に合わせて購入を検討しましょう。

新生児に必要なものバスグッズ編

沐浴のやり方に不安が残る!という場合には、助産師さんに聞いた沐浴のやり方やコツを見てみてください。

助産師さんに聞いた!沐浴のポイントとコツまとめ。時間やミルクのタイミングなど。皆さまこんにちは。 ズボラ妻です。 出産後、退院してからやらなければならないことの一つ、沐浴です。生まれたてでフニャフニャの...

ベビーソープ or沐浴剤★★★

赤ちゃんにとって安心な成分でできており、身体を綺麗にします。

タオル★★★

お風呂あがりに拭いたり、おくるみがわりにつつんだり用途はさまざまです。普段から使用しているバスタオルでも問題ありません。

ベビーバス★★

洗面台にお湯をためたり、衣装ケースを代わりに使用したりも出来ますが、ベビーバスは、お湯を抜いたり赤ちゃんの滑り止めがついていたりと沐浴が楽になります。

使用期間が短いので、レンタルでもいいと思います。

空気を入れるタイプもありますが、こちらのベビーバスは赤ちゃんをしっかり支えてくれ沐浴がしやすいです。

ベビーローション★★

赤ちゃんに安心な成分でできている保湿剤です。冬など乾燥する時期に生まれた子供には塗ってあげたほうが良いです。

このローションは伸びがよくもちもち肌になるのでおすすめです。


新生児 必要なもの

\ベビーローションランキングで1位を獲得!/ アロベビーミルクローションを公式HPで見る

 

沐浴布★★

沐浴をする際に赤ちゃんにかけてあげる布です。お腹に布がかかっていると赤ちゃんが安心します。今まで着ていた洋服やタオルなどでも代用可能です。

赤ちゃん用洗濯洗剤★★

刺激の弱い成分でできた洗剤です。気になる方はこちらを使用した方が良いと思います。ズボラ妻は生後1ヶ月を境に一般の洗剤でまとめて洗濯するようになりました。

湯温計×

お湯の温度は手で触って熱過ぎなければ問題ありません。使うことはありませんでした。

新生児に必要なもの~グルーミング・生活用品~

ガーゼ★★★

口周りを拭いたり、お風呂で体を洗うのに使用します。10枚程度必要です。

ベビー爪切り★★★

赤ちゃんは代謝がいいため、爪が伸びるのがとても早いです。先が丸く赤ちゃんの指を傷つけにくい小さなハサミです。

ベビー綿棒★★★

一般の綿棒に比べて小さめです。お腹の消毒や耳あか・鼻くその掃除、赤ちゃんの便秘の際にも使用します。

鼻水吸引器★★

赤ちゃんの鼻が詰まって苦しそうな時などに使います。小児科で鼻水をとってもらうこともできるのですが、普段使いには便利です。

ベビー体温計★★

普通の体温計より早く計測が出来ます。数秒で計測が可能なものもありますが、早いほど体温の誤差があるようです。

我が家では、20秒で計測ができるけんおんくんを使用しています。

ベビーオイル★★

赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐだけでなく、おへその掃除や便秘の際に綿棒につけて使用します。

ベビーブラシ★

赤ちゃんの髪の毛が多い場合に使用します。ズボラ妻の娘の髪はあまりないので、使用する機会はありません。ぱやぱやです。

ベビー体重計×

普通の体重計より、精度が高く計れます。

1グラム単位で計れるものもあり、飲んだ母乳量を計測することもできます。

ただ大体は普通の体重計で、正確な数値を知りたいときはデパートの授乳室などに備え付けられているもので十分です。

絶対に準備しておく必要あり~トイレ編~

おむつ★★★

ないと大変なことになりますよ。新生児サイズを最低でも1パックは用意しましょう。

お尻拭き★★★

こちらも必須です。汚れたおしりを拭いてあげましょう。

おむつ替えシート★★

おむつを変えている時に、おしっこやうんちがとんでもない方向に発射されることがあります。そんな時に下にひいていると安心です。持ち運びもできるので、洗い替えに二枚程度あると便利です。

おむつ用ゴミ箱★★

おむつ専用のゴミ箱もありますが、我が家では小さめのポリ袋におむつをいれ、消臭剤をつけたニトリのゴミ箱を使用しています。

離乳食が始まる前はそこまで臭わないので今のところこれで問題ありません。

新生児に必要なものねんねグッズ編

ベビー布団★★★

掛け布団、敷布団、防水シーツ、枕などが一式になっているものです。マットは赤ちゃんの窒息を防ぐために大人用のものより固めにできています。

こちらのセットは全て揃っており、またオーガニックコットンでできているので重宝してます。

ベビーベッド★

どのような環境で赤ちゃんを寝かせるかによります。我が家では大人はベッド、同じ部屋にベビーベッドで赤ちゃんを寝かせています。

バウンサー×

あると便利という話はよく聞きますが、我が家の娘にはいまいちでした。

レンタルで試してみることをお勧めします。

ハイローチェア バウンサー
ハイローチェアって必要?バウンサーと両方使ってどっちがいいか比較した。ハイローチェアとバウンサーの両方を実際に使ってみてわかったメリットやデメリットを比較しています。おススメの使い方や、選び方なども公開中です。ハイローチェアやバウンサーって本当に必要?という疑問も解決しちゃいます。...

新生児に必要なもの~お出かけ用品~

ベビーカー★★

首の座らない時期から使えるA型タイプのベビーカーをおすすめします。

これが1つあると外出が楽になります。新生児から使えるおススメのベビーカーのご紹介です。

サイベックス ミオス 口コミ レビュー
【超オシャレ&圧倒的走行性】サイベックスミオスのベビーカーの徹底レビューと口コミサイベックスのベビーカーであるミオスのレビューと口コミです。1年間ミオスを使い倒したわたしが、ミオスのメリットやデメリットについてまとめています。この記事を見れば、ミオスのことはなんでもわかります。ミオスのベビーカーをお得に買う方法も公開中です。...

抱っこ紐★★

こちらも首すわり前から使えるタイプの抱っこ紐が便利です。

長く使うものなので吟味したいですね。新生児から使えるおススメの抱っこひものレビュー記事です。

素晴らしすぎるエルゴベビーのOMNI(オムニ)360の徹底レビューと口コミ。抱っこ紐で迷うなら絶対コレがオススメ。OMNI360(オムニ スリーシックスティ)の口コミや、実際に約1年使い倒したわたしが使うことで見えてきたデメリットも含めて皆さまに詳し...

マザーズバッグ★

赤ちゃんとの外出は荷物が多いです。入るのであれば、普段使っている鞄で問題ありません。

チャイルドシート★

退院時自家用車に乗って帰る場合は必須です。

その際は新生児期から使えるものを選びましょう。

子供が生まれたら移動はカーシェアもおススメですよ。

子連れ移動に最適!今話題のカーシェアcareco(カレコ)のススメ。料金や利用方法など。皆さまこんにちは。 ズボラ妻です。 子供がいる時の移動手段は何を使っていますか? 我が家は車を持っていないため、今まで...

 

授乳ケープ★

外出時の授乳の際には便利です。ミルクで育てている場合はいりません。

新生児に必要な出産準備品リストまとめ

いかがだったでしょうか。赤ちゃんのために揃えなければならないものはめちゃくちゃ沢山あります。

本当に必要なものとそうでないものをしっかり見極めていきたいですね。

また、自分たちの生活スタイルによっても必要なものは変わってきます。

特にベビーカーや抱っこひもなどは赤ちゃんに合う合わないなどがありますので、退院後にゆっくり購入するのもありだと思いますよ。

それでは今回はこの辺で。ズボラ妻あず(@zubora_tsuma)でした。

ズボラ妻
ズボラ妻
ツイッターではブログ更新情報を発信中!気になる方はズボラ妻あず(@zubora_tsuma)をフォローしてね♪

これを読んでおけば間違いなし!

 

 

コメントを残す