抱っこひも

[選び方徹底解説!]2018年版エルゴの抱っこひも全種類を比較しました。レビューと口コミまとめ。

みなさまこんにちは。

ズボラ妻(@zubora_tsuma)です。

抱っこひもといえば、エルゴ!と言ってもいいくらい、ママやパパの間で大人気のエルゴベビーの抱っこひも。周りを見渡すと、ほとんどの方がエルゴの抱っこひもを使っていますよね。

ただ、抱っこひもってどう選べばいいかわからない!

なんてことありませんか?特にエルゴの抱っこひもといっても、種類がたくさんあって困ってしまいます。

実は我が家は娘が1歳になったばかりだというのに、アップリカ→エルゴオリジナル→エルゴオムニ360と3本目の抱っこ紐を使用中です。

他メーカーの抱っこ紐を使用してから、エルゴの抱っこひもを1年近くほぼ毎日使い倒したわたしが、メリットからデメリットまで、エルゴの抱っこひもの選び方を徹底解説しちゃいます。

これを見れば間違いなくあなたもエルゴの魅力がわかると思います。これからエルゴの抱っこ紐を買おうと悩まれているあなたの参考になれば幸いです。

公式サイトでエルゴの抱っこ紐を探す

Sponsored Link

エルゴの抱っこ紐全種類紹介

まずはエルゴの全種類の基本情報を簡単にご紹介します。

オリジナル 定番のエルゴオリジナル。低価格で購入しやすい。
360 エルゴオリジナルに前向き抱きの機能がついた360シリーズ。
アダプト 大人気のアダプトシリーズ。インサートが不要で新生児から使用できる。
オムニ360 エルゴの最上級モデル。アダプトと同じく新生児から使用ができ、前向き抱きの機能も備わっている。

エルゴの商品は種類がかなり多くあるように見えますが、実は大きく分けるとこの4つのタイプしかありません。この4つのタイプにそれぞれ、デザインにこだわっているものやメッシュ地のものがあったりと、色々なラインナップがあるので種類があるように見えるんですね。

ズボラ妻
ズボラ妻
それではエルゴの抱っこ紐をじっくりと順番に解説していきたいと思います!

リーズナブルで定番のエルゴオリジナル

エルゴオリジナルは、一番シンプルなタイプのものです。そのため、価格もリーズナブルで購入しやすいです。

エルゴオリジナルのメリット

リーズナブルかつシンプル

なんといっても一番はリーズナブルなことだと思います。エルゴの他の商品は3万円を超えるものもある中で、¥18,360〜(税込)とかなり価格を抑えてあります。

さらにはエルゴの抱っこ紐の1番の特徴といってもいい「疲れにくい」というメリットはしっかりと兼ね備え、他の一切の無駄な機能を削ぎ落としたシンプルな抱っこ紐と言えます。

▽オリジナルを使って生後4か月の娘を抱っこした状態

種類が豊富

エルゴオリジナルは定番商品というだけあり、種類が豊富です。Leeやベビザラスとコラボしたエルゴデザイナーや、オーガニックコットンを使用したエルゴオーガニックなど、自分の好みに合わせた抱っこ紐を選ぶことができます。人と被らないデザインを選びたい方にもおススメです。

エルゴオリジナルのデメリット

新生児から使うには別売りのインサートインファートが必要

エルゴオリジナルの抱っこ紐は、対象年齢が首が完全に座った4ヶ月頃〜(体重は5.5kg以上)となっており、そのままだと新生児に使用することができません。新生児に使用する場合は、別売りのインファントインサートが必要になります。

しかし、インファントインサートは赤ちゃんが暑そう、ムレて汗もができるなどの口コミも数多く上がっているため夏生まれの赤ちゃんには不向きかもしれません。

小柄な人には不向き?

エルゴは元々日本人向けにつくられた商品ではないため、サイズ感が大きめです。小柄な人が使用すると、肩紐がずり落ちるなどのデメリットがあります。せっかく疲れにくい抱っこ紐なのにこれでは正直意味がありません。そのためエルゴオリジナルは小柄な人にはあまりオススメできません。

エルゴオリジナルはこんな人にオススメ!

・疲れにくい抱っこ紐をとにかくリーズナブルにゲットしたい

・首が座ってから使う抱っこ紐が欲しい

・自身が小柄なタイプではない

エルゴオリジナルを公式サイトで探す

 

Sponsored Link

前向き抱っこができるエルゴ360

エルゴオリジナルに前向き抱っこの機能が備わったのがエルゴ360です。前向き抱っことはお母さんと赤ちゃんが同じ方向を向く抱っこの方法です。

個人的には前向き抱っこはかなりオススメです。1歳になり、月齢があがった今、前向き抱っこの必要性を特に感じています。対面で抱っこしていると前方が気になるのかかなり身を乗り出してくるんですよね。

前向き抱っこについてはこちらでまとめています。

前向き抱っこは良くないの?いつからできる?おススメの抱っこひもまとめ。前向き抱っこにはメリットも沢山ありますが、デメリットもあるんです。前向き抱っこはいつからできる?実際使ってみてどう?そんな疑問に答えます。 前向き抱っこの機能が備わったおススメの抱っこひもも教えちゃいます。...

エルゴ360は前向き抱っこが可能

エルゴ360のデメリットはエルゴオリジナルと同じく、新生児から使うにはインファントインサートが必要であったり、小柄な人には向いていないことです。

・新生児期から使えない。

・小柄な人には向いていない

エルゴオリジナルのデメリットを解消!大人気のADAPTシリーズ

エルゴオリジナルのデメリットを全て解消しているのが、2016年4月から発売になっているADAPT(アダプト)シリーズです。個人的にはアダプトシリーズから各段にエルゴの抱っこひもとしてのレベルが上がっていると感じています。

 

アダプトのメリット

新生児期から使用できる

アダプトはインファントインサートがなくても、新生児への使用が可能になりました。どうやって頭や首を支えるのか不安になるかもしれませんが、首周りのクッションを中におり込むことで、首がすわる前の赤ちゃんをしっかりとサポート(ヘッドアンドネックサポート)してくれます。

赤ちゃんの身体に合わせてサイズ調整が可能

首を支えるヘッドアンドネックサポートだけでなく、足の開き具合も調節が可能です。エルゴオリジナルを使用していた時に、娘の足が開きすぎているように感じていたのですが、そんな問題も解消されます!足の開き具合はマジックテープで簡単に変えることができちゃいます。まさにADAPTなんですね。

対象年齢としては4歳までとなっていますが、抱っこひもを使うのはせいぜい長くても歩くようになる1歳半~2歳までかなぁと思います。

クロス装着が可能で小柄な人でもOK

クロス装着というのは、肩のベルトを背中でクロスさせて装着することです。このつけ方をすることで、小柄な人やなで肩の人でも肩ひもがずり落ちることなく、快適に使えるんです。

アダプトのデメリットは前向き抱っこができないこと

アダプトはエルゴオリジナルのデメリットを全て解消していると言えるのですが、アダプトは前向き抱っこ(お母さんやお父さんと同じ方向を向く抱っこ)の機能が備わっていません。そのため、どうしても前向き抱っこをしたいという人には向かない抱っこひもです。

ズボラ妻
ズボラ妻
繰り返しになりますが、前向き抱っこおススメです!!

アダプトはセール中!急げ!

また、2018年10月現在アダプトはエルゴの正規販売店ダッドウェイにてセールを行っています。なんと最大40%OFFで、大人気のアダプト/フロストミントは\24,840→¥17,280(30%OFF)となっています。

ダッドウェイのセールについてはこちらで詳しくまとめています。

【SALE】エルゴベビー抱っこ紐が最大40%オフでセール中!この機会にお得にゲットしよう。皆さまこんにちは。 本日はお得情報のご案内です。 なんと2018年9月12日現在、エルゴベビーの日本正規総代理店であるダッド...

ダッドウェイでセール商品を見る

アダプトはこんな人におススメ

・新生児から長く使える抱っこひもが欲しい

・前向き抱っこは不要なので、安く抱っこひもを購入したい

・赤ちゃんに合わせたサイズに調整できる抱っこひもが欲しい

公式サイトでアダプトを探す

エルゴの最上級抱っこひもオムニ360

ついに2017年11月に、アダプトの唯一のデメリットである前向き抱っこもできる抱っこひもオムニ360が登場しました。我が家もこちらのオムニ360を使用していますが、はっきりいって最強です。

先ほどアダプトはエルゴオリジナルのデメリットをすべて解消しているとお話ししましたが、アダプトでできなかった前向き抱っこができるのがオムニ360です。

アダプトの機能である足の調整も可能で、ヘッドアンドネックサポートももちろん備わっています。ただ、高機能な分お値段は¥28,080~と高いです。

オムニ360のメリット

足の調整機能によって赤ちゃんも快適

やはり、オリジナルに比べて足の開き方が違いますね。調整機能は絶対にあった方がいいです。

▽生後4か月の娘をオムニ360で抱っこした状態

▽マジックテープで調整

マジックテープで簡単に調整できるのに、はがれない強力なマジックテープです!

前向き抱きも対応

前向き抱きをする場合も足の部分をボタンで調整します。そのため、赤ちゃんの足をM字に保ち、前向き抱きをすることができます。

▽左が対面抱き、右が前向き抱き

シートの幅がかなり小さく立体的になり、赤ちゃんが脚を開きやすくなります。

オムニ360のデメリットはないの?

ない!と言いたいところなのですが、しいて言うならば畳んだ時にかさばることです。

高機能な分、どうしてもかさばってしまいます。

▽上がオリジナル、下がオムニ360

また、値段は他の抱っこひもに比べても高めです。

オムニ360についてはこちらでめちゃくちゃ詳しく解説していますので、ぜひ見てみてください。

素晴らしすぎるエルゴベビーのOMNI(オムニ)360の徹底レビューと口コミ。抱っこ紐で迷うなら絶対コレがオススメ。皆さまこんにちは。 ズボラ妻です。 日本で圧倒的シェア数を誇るエルゴベビーの抱っこ紐。 実は我が家は今まで頂き物のエル...
ズボラ妻
ズボラ妻
安くはない買い物でしたが、自信をもってこの抱っこひもがおススメです!と言い切れます。

 

オムニ360はこんな人におススメ

・新生児から長く使える抱っこひもが欲しい

・疲れない抱っこひもが欲しい

・前向き抱っこもしたい

・赤ちゃんに合わせたサイズに調整できる抱っこひもが欲しい

・高機能で、赤ちゃんにも安心な抱っこひもが欲しい

公式サイトでオムニ360を見る

エルゴの抱っこ紐をお得に購入するなら絶対ダッドウェイ!

ダッドウェイとは、エルゴベビーの日本正規総代理店です。日本正規総代理店というのは、どのお店で買おうが、このダッドウェイを介してますよということです。その証拠に日本正規品のエルゴの抱っこ紐にはダッドウェイの検印が必ずついています。

ダッドウェイの仕組みを説明すると、ダッドウェイオンラインは新規会員登録した時点で500ポイントが付与(1ポイント1円で使えます。)され、購入したものの5パーセントのポイント還元がされます。アダプトやオムニ360を購入した際にはなんと2倍の10パーセントのポイント還元(2,600ポイント)がされるんです。合計3,100ポイントももらえるので、防寒ケープなどがお安く手に入りますよ!

ダッドウェイで購入した方がよい理由についてはこちらでまとめています。

[最安値]大人気のエルゴベビーの抱っこ紐はどこで買うのがいい?ネットや実店舗など最もお得に買えるのはどこ?皆さまこんにちは。 ズボラ妻です。 赤ちゃんが生まれると必需品といってもいいグッズの1つに抱っこ紐があります。 そして...

 

ダッドウェイの会員登録をする

また、これから寒い季節になりますが、エルゴの抱っこひもにおススメの防寒ケープがあります。わたしはダッドウェイで、\8,000以上の防寒ケープを¥2,400でゲットしました。その方法についてはこちらでまとめています。

【エルゴの防寒抱っこ紐ケープ】ベビーホッパーのウィンターマルチプルカバーを安くゲットする方法は?【おススメ口コミとレビュー。】皆さまこんにちは。 ズボラ妻です。 最近寒い日が続いていますね。そんな中抱っこ紐でお出かけしようと思うと赤ちゃんが寒くないか...

エルゴの抱っこひも全種類比較まとめ

いかがだったでしょうか。エルゴは疲れにくい&赤ちゃんに安心・安全の設計となっており、本当におススメできる抱っこひもです。

個人的には、前向き抱っこが不要ならばアダプト、前向き抱っこの機能が欲しければオムニ360の抱っこひもをおススメします。

長く使うものなので、赤ちゃんにとって良い抱っこひもを購入したいですよね。

それでは今回はこの辺で。

これを読んでおけば間違いなし!