ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

【夜泣き対策】夜中に頻繁に起きる赤ちゃんが生後9ヶ月にして朝までぐっすり寝るようになった方法とは

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

子育てしている皆さま、夜眠れていますか?

わたしは今生後11ヶ月になる娘を育てていますが、生まれてから今までの育児で一番辛かったことは、子供が離乳食を拒否することでも泣きわめく娘を抱っこし続けなければいけないことでもありません。ずばり夜中の頻繁な授乳です。睡眠不足は、イライラや体調不良を引き起こしますし、正直めっちゃ辛い。

ただひたすら寝たい。誕生日プレゼントに何が欲しいか聞かれたら、睡眠時間と即答できたし、1日あったら何がしたいか聞かれたらぐっすり寝たいと言っていました。

それくらい寝られないことが辛かったです。

そんな日々を送っていましたが、娘が11ヶ月になった今となっては憧れの朝までぐっすりの日々を送ることができています。今日は子供に朝まで寝て欲しいあなたに少しでも参考になればと思います。

f:id:zubolife-blog:20180808122021j:image

 

朝まで寝るようにならないか色々始めたきっかけ

まずインターネットなどで、良く言われているこれ。

生後3〜4ヶ月頃からはまとまって寝るようになってくれるよ〜。

 

半年頃からは朝まで寝るようになるよ〜。

ってありますよね?これを訂正して頂きたい。誰だ言い出したのは。

この言葉を信じていたのに、気づけば娘は生後8ヶ月。安定して、夜中に最低でも2〜3回は起きる日々を過ごしていました。生後9ヶ月頃に仕事への復帰を予定していたこともあり、このままでは仕事にならない!と夜ぐっすり寝てくれる方法を調べ始めたのでした。

 

夜中に覚醒する娘の睡眠〜生後4ヶ月〜

まずはこちらを見てください。

f:id:zubolife-blog:20180808174240j:image

育児の記録をすることができるアプリなのですが、左側に時間軸があり、1週間の睡眠の記録となっています。これを見ると分かるように、夜と昼の区別はついており、夜に一回で眠る時間はそこそこ長いものの夜中に2-3時間覚醒することはしょっちゅうでした。(白目)

完母だったため、夜中に泣いて起きると授乳をして寝かしつけというサイクルでした。

 

ネントレの効果現る?〜生後5ヶ月〜

ちょうどこの頃に寝かしつけに悩み、ネントレを始めました。

f:id:zubolife-blog:20180808174954j:image

起きる回数はほとんど変わらないものの、覚醒時間が短くなったのがお分かりでしょうか。この頃は授乳して、ベビーベッドに置くと自分で寝付くことができるようになり、夜中に覚醒することはほとんどなくなりました。

 

ネントレについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

 

諦めの境地〜生後6-7ヶ月〜

この頃は5ヶ月頃と同じく夜中に2-3回起き、授乳して寝付くというのを繰り返していました。すぐ寝付くようにはなったものの、毎日夜中に2-3回の授乳。導き出される結論は眠い。

わたしのインターネットの履歴には「朝までぐっすり いつから」などの単語が並ぶようになりました。

 

夜間断乳の効果は?〜生後8ヶ月〜

そんな日々を過ごしていましたが、ある時先輩ママさんからこんな一言を聞きました。

夜間断乳したら眠るようになってくれたよ~

なんとなく聞いたことはあったものの、どうしても夜寝たかったわたしは夜間断乳について調べ始めました。夜間断乳はその名の通り夜間の授乳をやめることです。

色々調べていくと、夜間断乳をするとたしかに眠るようになる子が多いようでした。ただし、始めて何日かは大泣きして、夜はかなり苦労するとも書かれていました。

そのため、夫もわたしもお休みのGWを使って、夜間断乳を決行しました。始めの何日かはなかなか寝付かず苦労しましたが、なんとか夜間断乳をすることに成功しました。夜間断乳についてはまたレポートしたいと思います。早速ですが、夜間断乳に成功した後の娘の睡眠を見てみましょう。

f:id:zubolife-blog:20180808212429j:image

お分かりいただけるでしょうか。起きる回数はなんと変わりません。しかし、起きている時間は一瞬です。この頃娘は夜中に起きて、お座りして泣くものの横にしてあげると即寝付くという謎の習慣を身につけていました。起きる時間は短くなったものの朝までぐっすりとはとても言えない状況でした。

 

ついに転機が。〜生後9ヶ月〜

そしてついに生後9ヶ月となりました。このタイミングで職場に復帰する予定でもあったため、保育園に預けている間は母乳ではなくミルクでした。母乳の回数がかなり減ったことから、完母(保育園に預けている間はミルク) →完ミへの移行を決意しました。すると、完ミへ移行してから数日で、なんと生まれて初めて娘が朝まで寝てくれたのです!(夜中に起きる習慣ができてしまっていたわたしの方が朝まで寝ることができませんでしたが。)

f:id:zubolife-blog:20180809084736j:image

その後朝まで寝る日が多くなり、今ではほとんど毎日朝までぐっすり寝てくれます。9ヶ月ぶりの長時間の睡眠をとることができました。万歳!

 

母乳とミルクどっちがよく眠るの?

実は過去にツイッターのアンケート機能を使って、こんなアンケートをとったことがあります。もう生後7ヶ月になるけど、本当に朝まで寝る子は増えているのか?と疑問に思ったからです。

f:id:zubolife-blog:20180808212052j:image

見てわかる通り、母乳メインの赤ちゃんが夜起きるのは74パーセントなのに対し、ミルクメインの赤ちゃんが夜起きるのは40パーセントにとどまっています。もちろん全員がそうというわけではないですが、ミルクメインの赤ちゃんの方がよく眠るのは一目瞭然ですね。さらにわたしの友人に母乳がなかなかやめられず、3歳を超えても母乳をあげていた人がいました。その友人によると、

 

3歳になった今でも夜中に起きるよ~

とのことなので(恐ろしい...。)やはり母乳の場合は夜中に起きる可能性が高いのかもしれません。 

 

まとめ

結論として、娘が寝るようになった方法は、夜間断乳と完ミへの移行です。正直完母からミルクへの移行はとても寂しさを感じました。お出かけ時の荷物も増えますし、ミルク代もかかるので、メリットだけではないと思います。しかし、結果としてわたしは良質な睡眠を得られるようになったのでミルクに移行して良かったと心から思っています。ただし、こちらの方法は娘には通用したものの、全員の赤ちゃんが必ず眠るようになる方法ではありません。ただもし、どうして朝まで寝たい場合には試してみる価値はあると思います。睡眠不足は本当につらいです。かといって育児をお休みするわけにはいきません。

同じ悩みを持つ方への少しでも参考になればと思います。

 

 

それでは今回はこのへんで。