ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

赤ちゃん連れでのママ会におススメのカフェ。新宿にあるラッテチャノママの混雑状況などまとめ。

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

赤ちゃん連れでの外食ってなかなか難しいですよね。特にねんね期の赤ちゃんだと連れて行けるところは限られてしまいます。

先日、ママの間では大人気のカフェ新宿伊勢丹にあるlatte chano-mama(ラッテ チャノママ)に行ってきました。ラッテチャノママは子連れランチやカフェ利用にオススメの場所です。実際に訪れてみて、人気の理由がよく分かったので皆さんにご紹介したいとおもいます。

f:id:zubolife-blog:20180314114004j:image

ラッテチャノママってどんなカフェ?

新宿伊勢丹6階にあるカフェです。こちらのカフェの一番の特徴はなんといっても小上がりのベッド席があることです。小上がりのベッド席って何?と思いますよね。実際に見てもらいましょう。

f:id:zubolife-blog:20180314130456j:image

引用元:http://www.chano-mama.com

この座席はクッションマットのようになっており、この上で赤ちゃんが寝転んだり、お座りさせながらママたちがランチを楽しむことができるんです。柔らかい素材なので転んでも怪我をする心配もありません。平日の昼間に訪れたのですが、なんと見渡す限り全員子連れでした。驚きです。実際に娘を連れていったのですが、ここは子連れで来るのにとてもいいと思った理由をまとめていきます。

 

ラッテチャノママがママに人気の理由

赤ちゃんが泣いても気にならない

ほとんどが子連れなので、あっちこっちで赤ちゃんが泣いています。そのため赤ちゃんが泣いても誰も気にしません。赤ちゃんが泣くと周りに申し訳ない気持ちになりますよね。そんな時にこれは本当にありがたいです。

 

店員さんが子供に慣れている

なんとこのカフェの店員さんはお願いすればミルクを作ってくれます。お湯を用意してくれるカフェは沢山ありますが、ラッテチャノママでは粉ミルクを渡して量を伝えると店員さんが作ってくれるんです。手を離せない時には助かりますよね。さらに、写真撮影をお願いした際にはおもちゃであやしながらの撮影など店員さんが子供の扱いに慣れています。

 

授乳室が近くにある

さすがは新宿伊勢丹です。すぐそばに広めの授乳室とおむつ替えスペースがありますので、安心してランチをすることができます。ズボラ妻が訪れた時はケープをつけて店内で授乳している方もちらほら見られました。

 

離乳食メニューがある

なんとこちらのラッテチャノママには離乳食のメニューまで用意してあります。7ヶ月頃から食べられる離乳食がありますので、試してみてもいいかもしれません。とても贅沢ですね。

 

ラッテチャノママの混雑状況 

実はラッテチャノママはとても人気で、予約必須です。予約する場合は以下の3つから時間帯を選んで予約します。ズボラ妻の場合、平日昼間の予約をしようと一週間前に電話したらすでに満席という人気ぷり...。

①10:30〜12:30までのご利用
②11:00〜12:30までのご利用
③15:00以降のご利用

また、当日席も用意はありますが11時頃には満席になってしまうようで、開店と同時(10:30)に行くことにしました。伊勢丹の開店と同時にラッテチャノママに向かったもののなんと当日席も速攻で満席になってしまったようです。

ただし、10:30に向かい名前を記入すると、2時間制のため2時間後の12:30頃に当日席に案内されます。

予約は必須ですが、もし予約を取れなかった場合は、開店と同時に向かいましょう。

 

実際に訪れてみてどうだった?

小上がり席はおもったより高さがあり、上るのは少し大変です。走り回ってしまう子供にはちょっと難しいかもしれません。一方で、ねんね期やはいはいをする子供にはとてもおすすめです。ねんねさせたまま、ランチを楽しむことができるカフェはなかなかないですよね。

ランチのお値段は少しお高めですが、赤ちゃん連れでランチやカフェを楽しみたい方にはおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。子連れでにぎわっているのはラッテチャノママですが、小上がりの席が設えてあるチャノマカフェは他にも代官山や中目黒、大阪、名古屋などにも全国展開しています。

チャノマカフェの店舗を見る

赤ちゃん連れでのカフェを探している方は是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこのへんで。