ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

抱っこ紐で迷うなら絶対コレ!素晴らしすぎるエルゴベビーのOMNI(オムニ)360の徹底レビューと口コミまとめ。

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

日本で圧倒的シェア数を誇るエルゴベビーの抱っこ紐。

実は我が家は今まで頂き物のエルゴオリジナルの抱っこ紐を使用していました。が、ついに先日2017年11月に出たばかりのエルゴベビーの最新作OMNI360(オムニ スリーシックスティ)を購入しました。これがもう本当に素晴らしくて、抱っこ紐でどれを購入しようか悩んでいるなら是非こちらを買ってほしい!と強くオススメできるので、その魅力を皆さまにお伝えできればと思います。

f:id:zubolife-blog:20180201003148j:image

 

まずエルゴベビーって何?

以下公式サイトからの引用です。

2003年にハワイ・マウイ島で誕生しました。
抱っこをする人と、赤ちゃんのための「動きやすさ」、「快適性」を追求したデザインは、多くのに両親に選ばれ、現在、50か国以上で販売され、たくさんの賞を受賞しています。

街を歩く人を見ると、ほとんどの人が使っているんじゃないかと言ってもいいほど普及しているエルゴのポイントは、疲れにくいことです。

肩周りや腰のベルトがしっかりした作りになっており、長時間の抱っこでもあまり疲れないのがエルゴの最大の魅力です。

また、海外セレブや芸能人も多く愛用しているブランドです。

 

OMNI360 の特徴は?

そんな大人気のエルゴですが、OMNI360が他のエルゴの抱っこ紐とどう違うのか見ていきましょう。

エルゴベビーの抱っこ紐は大きく分けて以下の4タイプあります。1番ベーシックなエルゴオリジナル、新生児から使えるエルゴアダプト、前抱きができる360そして今回紹介するOMNI360です。

4つの特徴をそれぞれ比較するとこんな感じです。

f:id:zubolife-blog:20180201141051j:image

お分かりでしょうか。OMNI360の主な特徴は

インサート不要で新生児から使えることと、前抱きができることです。

簡単に言うと、今までのエルゴベビーの抱っこ紐の機能を全て詰め込んだ最高すぎる抱っこ紐なんです。

カラーはパールグレー、カーキ、ミッドナイトブルー、ブラックの4色展開です。

f:id:zubolife-blog:20180201145930j:image

公式サイトでOMNI360を見る

 

OMNI360のメリット。ここがすごいよ

それではOMNI360のメリットを順番に解説していきたいと思います。

赤ちゃんの成長に合わせて股関節の開きが調整できる

これはエルゴアダプトにもついている機能ですが、赤ちゃんの股関節の部分のサイズ調整ができるんです。

具体的には身長に応じて三段階の調整が可能であり、身長が50.8cm〜61cm(3ヶ月頃まで)の場合は赤、61cm〜71cm(3ヶ月〜9ヶ月)の場合は黄色、71cm以上(9ヶ月〜)の場合は水色のガイドに合わせておしりのシートのサイズを変更します。

 f:id:zubolife-blog:20180201203936j:image

△このようにガイドがついていて、身長に応じてマジックテープを剥がしてはりつけます。

 f:id:zubolife-blog:20180201203937j:image

△簡単に剥がせるけれど、吸着力はしっかりしています。

赤ちゃんの大きさに合わせて抱っこ紐のサイズが変えられるなんて革命的ですよね…!

 

 

新生児用のインサートが不要

エルゴが公式に出している別売のインサートがあるんですが、エルゴオリジナルや360の場合は、首すわり前の赤ちゃんを抱っこする場合こちらのインサートを使わなければなりません。

 f:id:zubolife-blog:20180201145717j:image

抱っこする前にこのインサートを抱っこ紐に装着するタイプと赤ちゃんをくるんでから抱っこ紐にいれるタイプがあるんですが、口コミを見ても、赤ちゃんがきつそうとか、夏場は暑そうとか、使いづらくてあまり使わなかった…なんていうものまで見られます。

OMNI360ならそんなわずらわしさが一切なく使うことができます。でもインサートがなくて大丈夫なの…?と不安になりますよね。安心して下さい。

f:id:zubolife-blog:20180201144418j:image

△OMNI360には、このように首を支えるためのヘッドサポートがついているのですが、こちらを内側に折り込むことでまだ首の座らない赤ちゃんの首回りをしっかりと支えてくれます。

f:id:zubolife-blog:20180201145252j:image

△実際に内側に折りたたんで首すわり前の赤ちゃんに使うとこんな感じです。

f:id:zubolife-blog:20180201195511j:image

△ちなみにこちらのヘッドサポートはこのように外側に折り返すこともできます。赤ちゃんが起きている時には外側に折り返して、寝ている時は首を支えるよう立てて使えます。

 

前向き抱っこができる

アダプトとの1番の違いは、OMNI360では首が座った5ヶ月から前向き抱っこができます。

△実際に前向き抱っこをするとこんな感じです。

そもそも前向き抱っこって何がいいの?って思いますよね。実は前向き抱っこには賛否両論あります。

前向き抱っこは赤ちゃんの知育にいいと言われています。

  • 赤ちゃんが同じ目線でものを見れる
  • 赤ちゃんが抱っこに飽きずにご機嫌
  • 同じものを見ているので会話がしやすい

これらの理由から前向き抱っこはおすすめです。また、何より前向き抱っこをされている赤ちゃんは可愛いです。

一方で、前向き抱っこがNGと言われる理由としてはこんなものがあります。

  • 股関節脱臼の恐れがある
  • 背筋が伸びてしまい、子供の背骨に不可がかかる

 ただし、OMNI360の場合は前向き抱っこをする際にもおしりから太ももまでしっかり支えるので赤ちゃんの基本姿勢であるM字開脚となり、赤ちゃんへの負担を軽減しています。

f:id:zubolife-blog:20180201201051j:image

 △このように前向き抱っこをする際にはシートのボタンを調整することで、赤ちゃんの脚がM字になりやすくなります。

 f:id:zubolife-blog:20180201204013j:image

△実際にやってみるとこんな感じです。(右が前抱き用)シートの幅がかなり小さく立体的になり、赤ちゃんが脚を開きやすくなります。

 

安心して前向き抱っこができるのは嬉しいポイントです。それでもきになる方は長時間使用しないなどで対策しましょう。

 

その他にも対面抱き・おんぶ・腰抱きを含めた4WAYの抱き方ができる

 もちろん定番の対面抱き以外にもおんぶや腰抱きが可能です。まだ我が家の娘はおんぶや腰抱きができる月齢に達していないので、またこちらはレビューさせて頂きます。

 

クロス装着ができるので、小柄な人にもフィットする

f:id:zubolife-blog:20180201202810j:image

△このように肩紐部分をクロスさせることで、小柄な人にもフィットさせることができます。

 

エルゴベビーは海外ブランドのため、大きそうで心配…という方でも安心ですね。

クロス装着の方法はこちらから見ることができます。

OMNI 360ベビーキャリア/対面抱き(クロス装着) - YouTube

 

3つの安全防止対策がとられている

こちらはエルゴの抱っこ紐全てでとられている対策です。

1つ目が背中のバックルです。

 f:id:zubolife-blog:20180201205751j:image

△このように肩紐がずり落ちるのを防ぎます。

 

2つ目が腰ベルトのゴム紐です。

f:id:zubolife-blog:20180201205125j:image

△万が一腰のバックルが外れてもゴムに引っかかり腰ベルトが外れません。

 

3つ目は日本限定のベビーウエストベルトです。

f:id:zubolife-blog:20180201205944j:image 

△このようにベビーウエストベルトを赤ちゃんの腰に巻きます。

f:id:zubolife-blog:20180201210653j:image

△そしてお腹のあたりにあるバックルに装着します。

このベビーウエストベルトがあることで、前かがみになった時などの赤ちゃんの落下事故を防ぎます。

この3つの安全対策はエルゴならではです。

 

デメリットはないの?

デメリットは正直ありません、と言いたいところなのですが強いて言うなら…ということであげてみます。

畳んだ時にかさばる

新生児対応をしていることなどから、どうしても立体的なつくりになっているので、エルゴオリジナルと比べるとどうしてもかさばります。

f:id:zubolife-blog:20180201211421j:image

△比較するとこんな感じです。(上がエルゴオリジナル)

ただこれだけ機能を搭載していれば当然という気もしますよね。

 

価格が高い

税込で28,080円と少し高めです。前向き抱きに対応していないアダプトと比べると4,000円程、新生児からに対応していない360と比べても3,000円程高いです。

ただ新生児から4歳頃まで使えることを考えると十分にお得な値段だと考えます。

 

旧型のものであれば公式オンラインサイトでセール価格で買えることがあります。

OMNI360は最新型のため、まだセール対象にはなっていませんが、価格を抑えたいという方は是非チェックしてみてください。

 

公式サイトでエルゴのセール品を見る

 

使い心地はどう?

OMNI360を使用し始めて数ヶ月が経ちますが、正直もう戻れない...。という気持ちです。腰ベルトや肩紐などがしっかりした作りで、本当に疲れにくいです。

寝かしつけのために家の中でも使っているくらいです。

一点だけ気になるところは、安全対策のための背中のバックルですが、自分でとめるためにはかなり上の方の位置にしておかないと厳しいです。

ただ、公式の説明書によると脇の下あたりの高さにバックルがあるのが正しいようです。実際この高さにすることで、肩がかなり楽になりました。

 f:id:zubolife-blog:20180201213746j:image

△これはバックルの位置が高すぎるので、脇の下まで下げたほうが良い。

低い位置で一人で装着する場合には、先にバックルを留めてくぐるように抱っこひもを装着するのが良さそうです。

 

買うなら正規品が買えるダッドウェイがおすすめ

大人気のエルゴの抱っこひもですが、人気さ故に偽物が多く出回っているのも事実です。こちらで記事にしましたが、エルゴの抱っこひもを購入するなら確実に正規品が買えて、最もお得にエルゴの抱っこひもが購入できるダッドウェイをおすすめします。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。 抱っこひもで何を買おうか悩まれている方には絶対おすすめできるOMNI360。買って損はしないと思います。

抱っこひもで悩まれている方の参考になればと思います。

 

 

公式サイトでOMNI360を見る

ちなみに我が家で購入したのはこちらのパールグレーです。どんな色にもなじむ色でお気に入りです。

 

それでは今回はこのへんで。