ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

赤ちゃんの3〜4ヶ月健診ってどこで何するの?持ち物やおすすめの服装・一連の流れまとめ。〜目黒区編。混雑状況や待ち時間も教えます〜

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

先日我が家の娘も無事生後4ヶ月を迎えまして、3〜4ヶ月健診に行ってきましたので、一連の流れや雰囲気などをまとめたいと思います。

f:id:zubolife-blog:20180111091218p:plain

 

3〜4ヶ月健診って?

生後3ヶ月にもなると大分育児にも慣れてきた頃でしょうか。その頃に受けるのが3ヶ月健診または4ヶ月健診です。各自治体が実施しているもので、ズボラ妻が住んでいる目黒区では住んでいる地域によって区役所もしくは保健センターで集団健診を行います。

1ヶ月健診のように病院で行なっているわけではないので、注意が必要です。

自治体によって3ヶ月健診か4ヶ月健診かは異なります。

健診では主に首すわりと股関節脱臼のチェックを行います。

そのため、3ヶ月頃に受けるとまだ首が座っていない場合、再健診になってしまう可能性もあります。

 

いつ受けるの?

実施日は赤ちゃんの生年月日によって定められており、健診日の1ヶ月ほど前に自治体からお知らせが届きます。

場所や日時が記載されており、通常は指定された日時に健診を受けることになります。

1ヶ月健診のように自分で日程を決められるわけではないので注意しましょう。

 

健診の流れ

当日の流れを前もって理解しておけばお母さんも安心ですよね。自治体によって多少変わるかとは思いますが、概ねこういった検査を行います。

保健師さんの問診

最初に保健師さんによる問診が行われます。育児での悩みはないか、お母さんの仕事の状況、妊娠中に問題はなかったかなどの質問がなされます。

赤ちゃんの体に対して不安に思っていることなども相談できます。

 

身長・体重測定

次に赤ちゃんの身長・体重測定です。正確な重さをはかるために、直前に乾いたオムツに替え、裸での検査となります。

頭囲や胸囲も合わせて測定します。

また、満3ヶ月〜5歳までの乳幼児の肥満度合いを表すカウプ指数というものを合わせて計算します。カウプ指数の計算方法はBMI指数と同じく、

体重[kg]÷身長[m]÷身長[m]です。

カウプ指数は15〜18未満であれば正常であり、それ以下であると痩せ気味それ以上であると肥満気味となるようです。

 

医師による首すわり・股関節脱臼のチェック 

最後に医師による首すわりや、股関節脱臼の有無をチェックします。

寝転んだ状態で両腕を引っ張って首がついてくるようであれば首が座っていると判定されます。合わせて赤ちゃんをうつぶせにして、首を持ち上げるかを見ます。

また、聴診器で心音や喉の検査も行います。

もちろん現時点で赤ちゃんの体に起こっている不調なども相談できます。

我が家の娘はなぜか医師の前で体をそらせて大号泣して、きちんとチェックしてもらえたのかは不明です。

ちなみに超余談ですが、直前にうんちをした場合はしっかりお股の中まで拭いておきましょう。さもないと私みたいにお医者さんの前で恥ずかしい思いをすることになります。

 

持ち物や服装は?

絶対に忘れてはいけないのが母子手帳です。

また、体重を計る時に乾いたおむつ一枚になるので替えのオムツも忘れないようにしましょう。また、オムツ用のゴミ箱がないこともありますので、オムツを捨てる袋などもあると便利です。

また、健診では何度か服を脱ぎ着することになるので赤ちゃんは着替えやすい洋服を着せていくことをおすすめします。

 

待ち時間や混雑状況まとめ。授乳室はあるの?(目黒区の場合)

目黒区では12時に番号札の配布が開始され、13時〜14時が受付時間となっています。

ズボラ妻は13時55分に到着し、最後から2番目でした。(ギリギリすぎ。)

番号札は39番で、40番の方が一番最後でした。

※ただし、この日は人数が少なかったようで、普段は50〜60人ほどが訪れるようです。

たまたま人数が少なかったのが幸いし、全て終わったのは15時頃でした。

普段通り、50〜60人程が来ていると16時頃までかかるようです。

授乳スペースやオムツ替えスペースなども用意されており、安心して健診にいくことができます。

 

まとめ 

そろそろ外出も増え始め、育児にも慣れてきた頃かと思います。

きちんと3〜4ヶ月健診を受け、赤ちゃんの健康状態をチェックしましょう。

前もって検査の流れを知っておけば、お母さんも安心ですよね。

 

 

こんな記事も書いてます。

www.zubora-tsuma.com

www.zubora-tsuma.com

www.zubora-tsuma.com

 

それでは今回はこのへんで。