ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

これで毎日の授乳を少しでも楽にしよう!4ヶ月経って分かった授乳便利グッズまとめます。

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

毎日の授乳お疲れ様です。

我が家の娘も生後4ヶ月になり、日々の授乳も大分慣れてきました。試行錯誤を重ね、初期に比べ大分授乳がしやすい環境を整えましたので、授乳中の皆さまこれから出産される皆さまの参考になればと思います。

f:id:zubolife-blog:20180105120947j:plain

母乳育児に便利なグッズ

授乳クッション

直接赤ちゃんを授乳しようとすると、肩もこりますし腕もつらいです。そんな時にはこの授乳クッションをおなかにぱこっとはめて、赤ちゃんを乗せて授乳します。慣れてくると手もあけられるので、大分楽チンですよ。

我が家ではこちらのナオミイトウの授乳クッションを愛用しています。柄が可愛いのでオススメです。

授乳ケープ

 

このケープがあれば、授乳したい時にどこでも授乳ができるのでオススメです。

なかなか公共の場所では、こちらのケープを使用してどこでも授乳というわけにはいかないかもしれませんが、友達の家や外出時にどうしても泣き止ませたい時には大活躍すること間違いなしです。

 

授乳用下着

普通の下着だとなかなか授乳しづらいので、授乳用に開きやすい下着をオススメします。授乳時には普段よりサイズが大きくなりがちなので、1カップ程度大きめのサイズを購入しましょう。

 

無印良品の人をダメにするソファ

www.muji.net

 正式名称は体にフィットするソファですが、これ地味に便利です。好きな形に変えられるので、授乳しやすい体勢で授乳することができます。また、体が沈み込むので赤ちゃんを置いておくと包まれてる感覚が心地いいのかしばらく大人しくしてくれますよ。ただ赤ちゃんを寝かせるときは目を離さないようにしましょう。

 

ミルク育児に便利なグッズ

赤ちゃんの純水

これはミルクをつくる時間を劇的に短縮してくれました。ミルクの中の菌を無くすために、ミルクは一度70度以上のお湯で溶かす必要があります。それを冷ますのが実はめちゃくちゃ大変なんです。流水や氷水で冷やすのですが、最低でも2-3分はかかります。その間に赤ちゃんが大泣きなんてことがしょっちゅうです。

そんな時にこの赤ちゃん用の純水があると、適温まで一気に冷ますことができます。

赤ちゃんが飲んでも大丈夫な成分でできているので、安心ですね。

 

粉ミルクキューブタイプ

特に夜中の授乳にオススメしたい。夜中に寝ぼけ眼で台所でミルクをつくっていると、一杯、二杯、三杯…あれ?何杯いれたっけ?

なんてことがあるんです。いやいや、そんなことないでしょと思われるかもしれませんが、絶対あります。特に泣きわめく赤ちゃんがいると焦ってわからなくなるんです。

そんな時にこのキューブタイプは超便利。一個あたりで40mlのミルクをつくることができます。見た目はまるで白いコンソメ。

f:id:zubolife-blog:20180105201708j:image

商品情報|明治ほほえみ|株式会社 明治

この白いコンソメを哺乳瓶に作る分だけ入れてお湯で溶かすだけです。

持ち運びにもキューブタイプの方が楽チンなので是非買うことをオススメします。

 

電子レンジ用消毒器

哺乳瓶は洗うだけでなく、消毒が必要です。

消毒は薬剤につけておくタイプのものや、煮沸するものなど色々ありますが電子レンジタイプは洗った哺乳瓶を中に入れてレンジでチンするだけなのでオススメです。

 

夜間授乳に便利なグッズ

常夜灯

www.muji.net

 夜間の授乳はなるべく赤ちゃんを起こさないように暗い中でするのがおすすめです。

そのため、手元のライトを使うようにしています。

我が家では無印良品のLEDライトをつけっぱなしにして、夜間の授乳をしています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。毎日の授乳は少なくとも1年近くは続きます。

少しでも便利グッズを使うことで、お母さんの負担を減らしていきたいものですね。

参考になればと思います。

 

それでは今回はこのへんで。

【現役産婦人科医が考えた葉酸サプリ】