ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

バウンサーの購入はちょっと待った!バウンサーのメリットと買う前に一度レンタルして試した方がいい理由とは?

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

赤ちゃんがおとなしくしてくれるという噂の便利なアイテム、バウンサー。

購入を検討している方もいらっしゃると思いますが、購入前に一度試してみましたか?

今日はバウンサーのメリットと購入前には試すべき理由を解説します。

f:id:zubolife-blog:20171212104350j:plain

 バウンサーって何?

赤ちゃんは揺れることで安心して、眠ったりおとなしくなったりしますよね。バウンサーは赤ちゃんの動きに反応してゆらゆら揺れるベビーチェアです。

いわゆるゆりかごのようなものですね。

お母さんが他の事をしたい時には大活躍で、赤ちゃんをその場で動かないようにしてくれるので、安心して家事をすることが出来ます。

バウンサーには大きく分けて2種類の動きをするものがあります。

一つ目はストッケのように上下に揺れるバウンシングタイプです。

 

二つ目はカトージのように前後もしくは左右にゆれるロッキングタイプです。

 

両タイプともリクライニング機能がついており、角度を変えることで首すわり前から使えるタイプなどがあります。

 

バウンサーのメリットは?

赤ちゃんをあやすことができる

揺れが好きな赤ちゃんをバウンサーに乗せてあげると、自分の動きでゆらゆらして気づいたら眠っていたなんてことも。

泣いている赤ちゃんをあやすのにも効果があります。

短時間であれば赤ちゃんから目を離しておける

赤ちゃんから目を離すのってとても心配ですよね。特に動き始めたらどんな危険な行動をするか分からない。そんな時にとっても便利なんです。安全ベルトがついているので、赤ちゃんが動かずに安心して家事をすることができます。

お風呂に入れる際に脱衣所に置いて赤ちゃんを待たせておく、なんて使い方もできます。

目を離せない!って思っているお母さんを助けてくれます。

吐き戻し防止になる

バウンサーはリクライニング機能がついているため、赤ちゃんの上体を起こすことで吐き戻し対策にもなります。

げっぷが上手にできない赤ちゃんを座らせておくと喉に吐いたものがつまることもなく、安心ですね。

便秘対策にも

実はバウンサーに乗せるとかなりの確率でうんちをします。上体が起きていることと、揺れで腸が刺激されるのでしょうか。我が家の娘もほとんど毎回していました。

 

こんなに便利なのに買ってはダメなの?レンタルをすすめる理由

このように便利なところが沢山あるバウンサーですが、買う前に一度レンタルをすることをおすすめします。

赤ちゃんによって合う合わないがある

一番の理由はこれです。揺れを気持ちよく感じてくれるかは赤ちゃん次第です。

赤ちゃんによってはバウンサーに乗せることで大泣き、手がつけられないなんてことも。決して安くはない買い物なので、買ってから赤ちゃんが気に入らなかったらとても残念ですよね。

場所をとる

バウンサーは結構サイズが大きいため置き場所を考える必要があります。

自分の家のどこに置くかをイメージし、結局荷物置きになってしまったなんてことがないようにしましょう。 

 

このようなデメリットを解消する方法としては、一度試してみることです。ママ友の家で試せる方などはそれでいいと思いますが、できない方にオススメなのは1ヶ月レンタルサービスを利用することです。

 

レンタルサービスのメリットは?

様々なタイプを試すことも可能

バウンシングタイプは気に入らなそうだけど、ロッキングタイプなら大丈夫かも!

このように色々試したいお母さんにおすすめです。種類にもよりますが、大体、月数千円でレンタルが可能です。

 

気に入った場合そのまま購入できる

実際に使ってみて、これなら赤ちゃんも気に入ってるし置く場所も完璧!なんて時にはそのまま購入が可能です。

 

短期間のみの使用の場合、レンタルだけでいいことも

バウンサーは使える期間が限られています。

短期間であれば購入より安価で済みます。

また、購入してもどのくらい使うかわからない上に使い終わった後の収納場所にも困らないので、そもそもレンタルだけで済んでしまうこともあります。

 

実際にレンタルしてみてどう?

今回ベビービョルンのバウンサーを実際にレンタルしました。

 

などの理由から購入は一旦見送ることにしました。動き回りはじめたら、重宝しそうです。

購入前に一度試してよかったと思いました。

 

まとめ

バウンサーは決して安くはない買い物なので、買ってから全く使わなかったなんて事のないように、買う前には是非一度試してみることをおすすめします。

 

 

それでは今回はこのへんで。