ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

寝ついてもすぐ起きる赤ちゃんの夜泣き対策・寝かしつけにはこれ!寝れなくて辛いママにおススメ。モロー反射を防ぐスワドルミーの効果は?

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

今日はスワドルミーについてのお話です。

赤ちゃんの夜泣きつらいですよね。

ズボラ妻も、せっかく寝付いたと思ったらすぐ起きて泣く娘によって寝不足が続いていました。おくるみでおひな巻きを試すもどうも上手くできない...。時間はかかるし、ほどけちゃうし、もういやー!と思っていた時に出会ったのがスワドルミーです。

赤ちゃんが寝ついてもモロー反射ですぐ起きてしまうというお悩みの方におすすめです。

f:id:zubolife-blog:20171120112346j:plain

 

 

スワドルミーって何?

スワドルミーはアメリカの小児科医が開発したもので、普通のおくるみよりも包みやすい構造をしたおくるみのことです。逆三角形のような形をしており、足元が袋状になっています。

おくるみとは違い、足は固定しないため、股関節の形成にも良いつくりとなっています。また、コットン100パーセントで赤ちゃんにも安心の素材でできています。

くるまれることで子宮の中にいるような安心感を覚え、ぐっすり眠ってくれる効果が期待できるようです。

 

スワドルミーの使い方

赤ちゃんの包み方

スワドルミー[Swaddle Me]
1.赤ちゃんの肩を広げたおくるみの上端に揃えます。足を足用ポケットに入れ、ポケット上部の折り返し部分を広げます。
スワドルミー[Swaddle Me]
2.左側の羽根を赤ちゃんの胴体の上に巻きつけ、赤ちゃんの左腕の下に先を挟み込みます。脚用ポケットの上端部分が挟み込まれていることを確認してください。
スワドルミー[Swaddle Me]
3.右側の羽根を左側に向けて巻きつけ、面ファスナーで固定してください。羽根が赤ちゃんの胸のあたりに来るようにしてください。
 
 
 
 
 

出典元:http://www.nihonikuji.co.jp/item/swaddleme.html

スワドルミーを購入した際の付属の取扱説明書は英語表記でしたが、絵がわかりやすく問題なく使用することができました。わからない場合はこちらを参考にしてみて下さい。

 

実際に使ってみてどう?

ここからは実際に使ってみた感想をお伝えします。

 

広げてみるとこんな感じ。かなり伸びやすく、サラサラとやわらかい素材でできています。そんなに厚い生地ではないですが、真夏の暑いときには下をおむつのみなどにして調整してあげたほうが良いかもしれません。

f:id:zubolife-blog:20171120115949j:plain

 

 

左側の羽根と足側の袋をとめるためのマジックテープはこのようになっています。

足側の袋のマジックテープは上下で折り返せるようになっており、洗濯時や使用しない時にホコリ等がつかないようになっています。

※ズボラ妻は良くつけ忘れ、マジックテープに大量のホコリが付着しています。

f:id:zubolife-blog:20171120120007j:plain

 

 

右側の羽根はこんな感じです。くまさんの耳のような形が可愛いですね。

こちらも耳部分を折りたたむことで、ホコリの付着防止ができます。f:id:zubolife-blog:20171120120026j:plain

 

 

左側の羽根を折りたたんだ所です。右側の羽根(くまさんの耳部分)を引っ張って、左側の色が変わっている箇所でとめます。

かなり広範囲でとめられるので、赤ちゃんの成長に合わせて位置を調整できるのもポイントです。

f:id:zubolife-blog:20171120120122j:plain

 

 

羽根を閉じたところです。これにくるまれている赤ちゃんはまるでみのむしちゃんです。スワドルミーのマークがハートのようで可愛らしいですね。f:id:zubolife-blog:20171120120042j:plain

 

 

また、背中側にはこのような穴があいており、ベビーカーなどに装着も可能です。 

f:id:zubolife-blog:20171120120103j:plain

スワドルミーの効果は?

ずばり、モロー反射で起きてしまうことはなくなりました。

もともと寝付いてから10分程度でモロー反射で起きることもあったのですが、まとまって寝てくれるようになりました。

今では生後2ヶ月にして6−7時間寝てくれることもあります。

初めて6時間寝てくれた時はまさにガッツポーズ!!スワドルミーの勝利の瞬間でした。

ただ、もう少し月齢が高くなるとモロー反射もなくなり、動きが制限されることを嫌がる子も出てくるようです。ズボラ妻も様子をみて動きたそうにしている時は外すようにしています。

 

スワドルミーを使うタイミング 

正直赤ちゃんが身体を反らせてぎゃー!!!と泣いている時にスワドルミーにつつむと悪化します。また、眠くない時につつんでも寝てくれたりすることはありません。

あくまでモロー反射を防ぐという目的で使用するようにしています。

ズボラ妻は主に下記の二つのタイミングでつつむようにしています。

1.ぐずりだしそうになったら包んで授乳。そのままみのむしちゃんをベッドへ。

2.授乳しながら寝付いた時は、開いたスワドルミーにのせてすばやく包む。

大体このやり方であれば寝付いてくれるようになりました。

 

スワドルミーのサイズはどれを買えばいいの?

スワドルミーの公式のサイズは2サイズあり、

SMサイズ:3〜6kg

Lサイズ:6.5〜10kg

となっています。

ズボラ妻の娘は体重が5kg前後のときに長く使えるようにLサイズを購入しましたが、ちょうど良いフィット感です。

少し小さめの作りに感じたので、体重が5kgくらいある赤ちゃんはLサイズをおすすめします。

 

 

価格もお手頃なので、赤ちゃんが寝付いてもすぐ起きてしまうというお悩みをもつ方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

SMサイズ

 Lサイズ 

 

それでは今回はこのへんで。