ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

目黒区保活攻略①〜超激戦区で保育園に入れるため最初にやったこと〜

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

今日は保活についてお話したいと思います。

f:id:zubolife-blog:20180130205450j:image

 

実はズボラ妻は東京都23区の中でも保活超激戦区と言われる目黒区に住んでいます。

 

妊娠して実際に調べる前は

「保活が大変っていうけど、ほんとにそんな大変なの?」

「夫婦フルタイム共働きだしどうにかなるんじゃないの?

「0歳児なら入れやすいっていうし、大丈夫じゃない?」

...なめてました。

 

 

 

これから保活を始める皆さまがなめないように(なめている方などいらっしゃらないかもしれませんが)保育園の現状とその対策をお話します。

 

 

目黒区の認可保育園の現状

認可保育園はどこの区でも大体同じかと思いますが、家庭につく点数(合計指数)によって入園可能かどうかが決まります。

合計指数=保護者の状況(基本指数)+世帯の状況(調整指数)

さらに合計指数が同点の場合、優先される項目というものが区によって設定されています。

 

目黒区の点数(合計指数)のつけかた

f:id:zubolife-blog:20171108125326p:plain

ズボラ妻とマメ夫の場合、 夫フルタイム(20点)+妻フルタイム(20点)=計40点が基本指数となります。

外で元気にフルタイムで働いていて、介護等もしていない方はこの点数です。

 

 

f:id:zubolife-blog:20171108125330p:plain

そこに↑の調整指数が加わります。

「ふむふむ。虐待なんてするわけないし、自分で点数を稼ごうと思ったらどこかに預けないといけないわけね。」

(そもそもどこか預け先があるならいいじゃない!とも思いますが...)

 

そうです。自分で点数をあげるには、認可外保育施設や地域型保育に預けなければなりません。(大事なことなので2回言いました。)

 

さらにただ預けているだけではダメで、下記の2つの条件が必要となります。

①仕事復帰をしていること

(休職中や育児休業中は加算対象とはなりません)とのことなので、仕事に復帰していることが前提となります。

 

②継続して1ヶ月以上預けていること 

認可保育園の申し込み締め切り日までに1ヶ月以上預けている必要があります。

つまり、今年度目黒区の認可保育園申し込み締め切り日は2017/12/8ですので、2017/11/8より早くから認可外保育園に預けている必要があります。

 

「すでにこの時点で年度内で遅く生まれた子が不利な状況じゃん...」

※0歳児の認可保育園への入園を希望している場合です。

 

2016年目黒区で0歳児が認可保育園入園できた最低基準

ここで目黒区が開示している平成29年度の点数ごとの入園状況を見てみましょう。

 

f:id:zubolife-blog:20171108131912p:plain

 

...お分かりいただけますでしょうか。

0歳児の場合、夫婦フルタイム40点で内定をもらったのは申込者数542名に対して、269名。約半数です!

 

1歳児の場合は、さらに壊滅的状況です。申込者数343名に対し、48名!

 

「やばい...やばい気がしてきた。いやでも0歳児は半数が入れているんだから何か方法があるんですよね?」

 

 

目黒区は同点の場合、下記のように順位を定めています。

 

f:id:zubolife-blog:20171108125335p:plain


この中で鍵となるのは

11.児童を認可外保育園等に預け、父母が育児休業等から復職した日の早いもの

次に

13.申し込み締切日までに就労しているもの

そして

15.区市町村民税が低い世帯

1~10に関しては自分ではどうすることも出来ないものや、同じ状況の人が多く差がつかないものです。15は簡単に言うと世帯年収が低い世帯ということですね。

 

目黒区に確認したところ、2016年度認可保育園入園の最低基準は

40点で11月1日付で会社に復職した方

 だったそうです。40点ということは、認可外保育園に預けた加点があるわけではないので、周囲の助けを借りて復職したのでしょうか。

 

「11/1って生後2ヶ月じゃん!そんな早くから預けたくない..!!」

という結論を出し、ズボラ妻とマメ夫は0歳児認可保育園への入園は諦めました。

 

どーん!! 

f:id:zubolife-blog:20171108151930j:plain

 

 

保育園入園のためにまず最初にやるべきこと

さて、上で諦めましたと書きましたが諦めたくないあなたの為に続けます。まず、保育園に入れようと思ったら最初にやるべきことがあります。

 

1.区役所に行こう

何はともあれ最寄りの区役所に行って下さい。情報を集めなければ始まりません。

また、今後の方針をたてるためにも自分が置かれている状況を把握する必要があります。

どの区でも共通ですが、できれば以下の情報を手に入れて下さい。

 

・入園案内を入手する。(今年度の案内がまだ無い場合は昨年度のもので構いません。)

・昨年度の最低点及び基準を確認する。

・申し込みに必要な書類とスケジュールを確認する。

・認可外保育園の種類や場所や補助金について確認する。

 

 

2.認可保育園OR認証(認可外)保育園?方針をたてよう

今まで述べてきたように、目黒区の場合、両親フルタイム共働きというだけでただ申込んだ場合は、よほどのことがない限り認可保育園への入園は厳しい状況です。

 

下記の事を決めて自分がどこを目指すのかスケジュールと方針をたてましょう。

 

・何歳の時に保育園に入れるのか。

・何点で認可保育園を目指すのか。

・加点をもらうためにいつから認可外保育園にいれるのか。

 

 

例えば我が家の場合は、こうなります。

 

あきらめましたと書きましたが、正確には0歳児の認可保育園の入園ではなく、

1歳児の認可保育園の入園を目指すことに決めました。

1/30追記

無事、認証保育園の内定が出ました!

 

0歳 2018年4月から認可外保育園への入園を目指し、+2点の加点→42点となる。

1歳 42点の点数で、認可保育園への申し込み

 

1歳児42点の場合は申込者数375名に対し、340名の内定がでていますのでよほどのことがない限り入所できる可能性が高そうです。

 

f:id:zubolife-blog:20171108154708j:plain

 

さぁどうなる保活?!

今後は見学した認可外保育園の感想、見学前にやるべきことなどをまとめていきたいと思います。

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

 続きはこちら。